(天声人語)26年前、あの日の記憶

有料会員記事

[PR]

 あの日を思い出すと、いまもいたたまれない気持ちになる。1995年1月17日、阪神・淡路大震災。私は東京から神戸の警察署に電話取材をしていた。夜になったころだ。混乱の中で言ってしまった。「被災者の資料をFAXしてもらえませんか」▼しばらくの沈黙。諭すように言葉が返ってきた。「記者さん、そりゃ無理です…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る