(FOCUS Judo)コロナ下遠征、五輪への宿題 1年ぶり国際大会

有料会員記事

[PR]

 柔道の日本選手が約1年ぶりに国際大会に参加した。ドーハで11~13日に開かれたマスターズ大会に、東京五輪代表内定者5人を含む9人が出場。新型コロナウイルスの感染予防で、厳戒態勢が敷かれる海外での試合を初めて体験した。

試合は男女明暗/移動制限、練習1日50分

 国内の感染拡大で、全日本柔道連…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら