(FOCUS RUGBY)脳に後遺症、集団訴訟へ 英選手「大会に出た記憶すらない」

有料会員記事

[PR]

 ラグビーの「母国」イングランドなどで、選手の脳に残る後遺症が問題となっている。対策が不十分で脳がダメージを受け、障害が出たり認知症になったりしたとして、元選手9人が国際統括団体ワールドラグビー(WR)などに集団訴訟を起こす方針を固めた。動きが広がると競技の今後に影響が出るかもしれない。

 「我々…

この記事は有料会員記事です。残り1737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。