鼻出しマスク受験生を逮捕 会場トイレに閉じこもった疑い

[PR]

 大学入学共通テストの受験生が鼻を出してマスクを着用し続け、成績が無効になった問題で、この受験生の男(49)が試験会場のトイレに約4時間閉じこもり、警視庁に建造物不退去容疑で現行犯逮捕されていたことが同庁への取材でわかった。男は19日に釈放された。

 深川署によると、男は16日午後6時ごろ~午後10時ごろ、東京都江東区越中島2丁目の東京海洋大学越中島キャンパスのトイレの個室に閉じこもった疑いがある。大学からの通報で駆けつけた警察官が、男がいた個室に天井の隙間から入り、取り押さえたという。

 一方、萩生田光一文部科学相は19日の閣議後会見で、「マスクの正しい着用方法については、鼻と口の両方を確実に覆うことは政府としても啓発している」として、成績無効とした監督者の対応は適切だったとの認識を示した。

 文科省によると、男は複数の監督者による計6回の注意に従わず、別室での受験を促されても応じなかった。不正行為が認定された後も退去を拒み、同じ会場の受験生31人は別室への移動を余儀なくされた。英語(リスニング)の試験開始が5分遅れたという。(岩田恵実、鎌田悠)