家族と同じ食事、そのままやわらかく 圧力鍋を応用した家電 介護経験あるパナ出身者開発

有料会員記事

[PR]

 病気や加齢で食べ物をのみ込むのが難しい人たちがいる。市販の介護食は味も種類も充実してきたが、家族の味にはかなわない。みんなと同じ食事がしたい――。そんな願いをかなえる家電を、京都のベンチャー企業がつくった。きっかけは創業メンバーの介護体験だった。

 「おいしい!」

 大きくあけた口にステーキを運…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら