米新政権、閣僚決まらず発足も 上院公聴会遅れ、異例の直前開催

有料会員記事

[PR]

 バイデン次期米政権の発足に向け、上院で閣僚候補らの公聴会が19日、初めて開かれた。大統領選の結果をめぐる対立などで日程が遅れた結果、上院によって正式に承認された閣僚が1人もいないまま、政権が20日に発足する異例の事態になる可能性がある。▼1面参照

 米国では、閣僚の多くは上院によって承認される必…

この記事は有料会員記事です。残り2889文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら