折々のことば:2059 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 わたしの家は、ひどく貧しかったらしい。それでいて、またへんなぜいたくさもあった。

 (中井英夫)

     ◇

 貧乏学者の家。本を買ってもらった記憶がない。が、父の留守中に書斎で怪奇小説を見つけ読み漁(あさ)った。母は海外の友人が送ってくれる本を訳してくれ、そのノートを読み耽(ふけ)った。父は端…

この記事は有料会員記事です。残り87文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る