学術会議問題に抗議、相次ぐ出版 学者ら「学問の自由危ない」

有料会員記事

[PR]

 日本学術会議の会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒んだ問題に抗議しようと、学者らによる緊急出版が相次いで予定されている。共通するのは「学問への政治介入が社会・文化や民主主義の破壊につながる」との強い危機感だ。

 1月末に出版されるのは「学問の自由が危ない 日本学術会議問題の深層」(晶文社、税別170…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら