日米で早期の外相会談を FOIP実現、今後も推進 茂木敏充外相インタビュー

有料会員記事

[PR]

 茂木敏充外相は21日までに朝日新聞のインタビューに応じ、米国のバイデン新政権の発足を受けて、早期の日米外相会談に意欲を示した。台頭する中国を念頭に日本が提唱し、新政権での扱いが注目される「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」については、引き続き日米で推進していく考えを強調した。▼1面参照

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら