軽井沢バス事故、在宅起訴 社長ら、業過致死傷の罪

有料会員記事

[PR]

 長野県軽井沢町で2016年、大学生ら15人が死亡し26人が負傷したスキーバス転落事故で、長野地検は21日、運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作(みさく)社長(59)と運行管理者だった荒井強・元社員(52)を業務上過失致死傷罪で在宅起訴し、発表した。地検は認否を明らかにしていないが、捜…

この記事は有料会員記事です。残り1337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。