EEZで無許可操業疑い、韓国漁船長を海保が逮捕

有料会員記事

[PR]

 鹿児島県奄美大島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で許可なく操業したとして、第10管区海上保安本部は21日、韓国漁船の船長のキム・スフン容疑者(47)を漁業主権法違反(無許可操業)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 発表によると、同本部の航空機が21日午後1時半ごろ、奄美大島西方沖約300キロの…

この記事は有料会員記事です。残り76文字有料会員になると続きをお読みいただけます。