プール方式、行政検査可

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのPCR検査をめぐり厚生労働省は22日、複数の人の検体を混ぜて検査する「プール方式」を国が費用負担する行政検査として認める通知を都道府県などに出した。感染拡大地域で、感染者が出ていない医療機関や高齢者施設で陽性者がいないか調べる一斉検査などでの使用が対象。患者や感染が疑われる人…

この記事は有料会員記事です。残り42文字有料会員になると続きをお読みいただけます。