[PR]

 兵庫県洲本市で2015年3月、近隣住民5人を刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職平野達彦被告(46)の上告審で、最高裁第三小法廷(林景一裁判長)は弁護側の上告を棄却した。憲法違反などはないと判断した。一審・神戸地裁の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審・大阪高裁判決が確定する。20日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも