[PR]

 小説家の中に、「私は詩がわからなくて」と臆面もなく発言する人がいる。現代の人に限らず、武者小路実篤まで書いている。その発言の裏には、「小説がわからない人なんていないのに」という傲慢(ごうまん)さと、詩への蔑視を感じてしまう。小説家や小説ファンは「物語」というものの価値を無邪気なまでに疑っていなくて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも