東の笑い、もりたてる 「さっぱり」の持ち味、次世代へ託す 高田文夫、明治座で喜劇と寄席企画

有料会員記事

[PR]

 ドタバタ劇にトーク、寄席演芸と東都のエンターテインメントを詰め込んだ「よみがえる明治座東京喜劇」が、東京・浜町の明治座で上演される。企画したのは放送作家で笑芸界の大立者、高田文夫三木のり平から落語ブームまで、笑いへの愛を大いに語った。

 「僕にとっては喜劇王なんですよ」。のり平は心酔する役者だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら