富山、鳥インフル 今季16県目

有料会員記事

[PR]

 富山県は23日、同県小矢部市養鶏場で死んでいた鶏から、鳥での感染力や致死率の高い「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。県は同日、この養鶏場で飼育されている鶏約14万1千羽の殺処分を開始した。

 県によると富山県内の養鶏場での鳥インフルエンザウイルスの発生は初めてで農林水産…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら