(声)制裁のような改正法案に懸念

有料会員記事

[PR]

 無職 松本美紀子(北海道 65)

 政府は通常国会で、新型コロナウイルス感染症対応のため感染症法などの改正案の成立をめざしている。感染者が入院を拒んだ場合などに罰則を設けることを検討している。

 これに対して、医学系136学会が加盟する日本医学会連合は、緊急声明を発表。感染症法が、かつてハンセン病

この記事は有料会員記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら