「変わらぬ学力」、改革は適切だった? 数学・理科の国際調査、識者が読み解く

有料会員記事

[PR]

 のべ64の国・地域の小学4年と中学2年が参加した2019年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で、日本の順位は算数・数学と理科で3~5位だった。前回と比べてあまり変わらない数字は何を意味するのか。経済格差や男女差はどうだったのか。識者らに調査結果を読み解いてもらった。

 ■「家庭の社会経済…

この記事は有料会員記事です。残り2387文字有料会員になると続きをお読みいただけます。