(経済気象台)124年ぶりの節分

有料会員記事

[PR]

 「マスクが品薄らしいから今のうちに買っておいたほうがいいよ」。昨年1月31日、友人と食事中にした会話だ。新型コロナウイルスを意識した私の最初の記憶である。

 それから1年。コロナ禍での時間を振り返ると、いかに多くの歳時記が厄払いや疫病退散と関連しているかに気づかされる。いつの時代も、疫病というもの…

この記事は有料会員記事です。残り562文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!

連載経済気象台

この連載の一覧を見る