子宮頸がんの細胞、出産時に子に移行 2児が小児肺がん発症 国立がん研究センターなど発表

有料会員記事

[PR]

 国立がん研究センターなどの研究チームは、出産時に母親の子宮頸(けい)がんの細胞が子どもに移行し、小児肺がんを発症したケースがゲノム検査で明らかになったと発表した。母親のがんが子どもに移行することは、極めてまれだという。

 センターによると、肺にがんのある1歳と6歳の男児2人について、がんの遺伝子配…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら