[PR]

 18世紀のロンドンでは、強い酒で値段も安いジンが大流行した。産業革命期の労働者にとって、手っ取り早く酔える酒は、つらい仕事を忘れる手段だったと飯田操著『パブとビールのイギリス』にある▼人々の身体をむしばむ事態を何とかしようと政府はビールを奨励した。その頃作られた「ジン横丁」なる版画は、泥酔して授乳…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも