(あすを探る 科学技術)「正しく恐れる」が生む排除 内田麻理香

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災から十年、新型コロナウイルスの感染が国内で確認されてから一年経つ。この間、「正しく恐れる」という言葉を、数多く目にした。

 これは物理学者かつ文筆家である、寺田寅彦の随筆から引用された句だ。寺田は、「小爆発二件」の随筆で「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正…

この記事は有料会員記事です。残り1440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載あすを探る

この連載の一覧を見る