育休促進策、22年4月から 男性に主眼 個別説明など義務づけ

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省は27日、男性の育児休業の促進を主な狙いとした、育児・介護休業法の改正案の要綱を審議会に示した。法改正案が今国会で成立すれば、企業は2022年4月から、育休を取れる働き手に個別に制度説明や取得の意向確認をすることが義務づけられる見通しになった。

 要綱案では、様々な育休促進策を段階的に施…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら