賃上げ、優先度に違い 今春闘、労使トップが会談

有料会員記事

[PR]

 今年の春闘をテーマとした経団連と連合の労使トップ会談が27日に開かれた。賃金を引き上げる必要性では認識が一致したが、優先度の違いが明確になった。

 経団連の中西宏明会長は、国内の賃金水準が先進諸国より低いことを踏まえ、賃上げは「非常に大事な課題だ」との認識を示した。一方、今春闘のテーマには「働きが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。