(経済ファイル)国際帝石、50年にCO2実質ゼロへ

有料会員記事

[PR]

 資源開発最大手の国際石油開発帝石は27日、事業活動で排出する二酸化炭素(CO2)を2050年に実質ゼロにする目標を発表した。CO2を回収・貯留・再利用するCCUS技術の開発や、水素・再生可能エネルギー事業を強化する。社名も4月から、海外で使っているINPEX(インペックス)に変える。

 国際帝石は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る