「国連への中国影響力に対抗」 次期米国連大使

有料会員記事

[PR]

 バイデン米政権の国連大使に指名されたリンダ・トーマスグリーンフィールド元国務次官補は27日、承認のための上院外交委員会で証言し、国連で米国が指導的な役割を果たす方針を示した。その上で、国連で影響力を拡大する中国に対抗する考えを明らかにした。

 バイデン政権は、トランプ前政権が脱退を表明した世界保健…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら