[PR]

 演奏会のプログラムに、ブルックナーの交響曲があると、不思議に心が躍る。定食屋で、でっかいトンカツが運ばれてきたときの心地だ。

 そんなブルックナーの同じ交響曲を今月、対照的な趣の演奏で続けざまに聴いた。「ワーグナー」の愛称で知られる交響曲第3番を愛知室内オーケストラが演奏。指揮はこれが名古屋デビュ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも