[PR]

 劇団俳優座がアルベール・カミュの「正義の人びと」に取り組んだ。帝政ロシア末期の1905年、実際に起きた大公暗殺事件をめぐり、圧政からの解放をめざす殺人は正義なのかと葛藤する若き革命家の群像劇だ。重いテーマに俳優たちが真っ向からぶつかり、強い印象を残す。

 詩人カリャーエフ(齋藤隆介)は大公の馬車に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも