(てんでんこ)「除染特需」の果て:4

有料会員記事

[PR]

なぜ除染はもうかったのか

 福島県田村市の移(うつし)地区では原発事故後の除染を住民自らが担った。住民の団体には4年間で26億5千万円が支払われたが予算は余り、日当は当初の9500円から3万5千円に増えた。

 「通常の感覚の3倍超。にわかに信じがたい」。環境省の関係者は額の大きさに驚く。震災復興…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る