原電支援差し止め、請求棄却

有料会員記事

[PR]

 日本原子力発電(原電)が運営する東海第二原発茨城県)の再稼働をめぐり、東京電力ホールディングスが決めた資金支援の差し止めを東電の株主2人が求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であり、江原健志裁判長(朝倉佳秀裁判長代読)は請求を棄却した。東海第二の再稼働は安全対策工事に必要な費用の確保が焦点で、東電…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。