「死んでたかも」、伝える覚悟 元コロナ患者の男性、闘病体験つづる

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスに感染し、重症化して集中治療室(ICU)に入った男性(51)が、闘病体験を朝日新聞に語った。居酒屋で鍋を囲み、集団感染になった。悔恨と看護師らへの感謝から、「いまコロナになったらほんま危ないで」と周囲に伝えている。

 兵庫県加古川市の会社員、前川真一郎さん。感染判明は昨年11月…

この記事は有料会員記事です。残り2169文字有料会員になると続きをお読みいただけます。