NY株、3万ドル割れ 1カ月半ぶり

有料会員記事

[PR]

 週末29日の米ニューヨーク株式市場は、個人投資家による投機的な取引が過熱していることへの警戒感から、主要企業でつくるダウ工業株平均が大きく反落した。前日比620・74ドル(2・03%)安い2万9982・62ドルで終え、昨年12月14日以来、1カ月半ぶりに3万ドルの大台を割り込んだ。

 ハイテク株が…

この記事は有料会員記事です。残り68文字有料会員になると続きをお読みいただけます。