「世界の不平等露呈」 緊急事態1年でWHO

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がり、世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言してから30日で丸1年になる。WHOのテドロス・アダノム事務局長は29日の記者会見で「パンデミック(世界的大流行)は世界の不平等を露呈した」と述べ、ワクチンの公平な分配を呼びかけた。

 テドロ…

この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。