[PR]

 天正10(1582)年6月2日、京都・本能寺に滞在中だった織田信長(1534~82)が、配下の明智光秀(1528?~82)に討たれた本能寺の変。その87年後に書かれた「乙夜之書物(いつやのかきもの)」には、本能寺を襲撃した際の具体的なエピソードが記されている。専門家の意見を紹介しながら、その記述を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも