EU、コロナワクチン「囲い込み」 供給遅れに危機感 輸出許可制

有料記事

[PR]

 欧州連合(EU)が新型コロナワクチンの輸出の許可制を導入した。十分な購入枠を確保しているものの、供給遅れに危機感を募らせたためだ。英国でも自国優先の動きが出るなか、ワクチンの「囲い込み」ともいえる行動に懸念の声が出ている。

 「市民を守る最優先課題のため、必要な措置を導入する」。ワクチンの輸出管理…

この記事は有料記事です。残り935文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!