泡消火剤、全国に340万リットル 有害物質含有、廃棄進まず 2010年以降は製造禁止

有料会員記事

[PR]

 発がん性が疑われる有機フッ素化合物の一種「PFOS(ピーフォス)」=キーワード=を含む泡消火剤の薬剤が、全国の地下駐車場や空港などに約339万リットル残されていることが環境省のまとめでわかった。PFOSは法律で製造・使用が原則禁止され、消火剤としての使用は例外的に認められているが、交換費用の負担な…

この記事は有料会員記事です。残り1118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら