(#ひきこもりのリアル 「引き出し」ビジネス:1)「自立のプロ」に託した長男、孤独死

有料会員記事

[PR]

 20年に及ぶひきこもりの生活から自立へ歩み出したはずの息子が、アパートでひとり、亡くなっていた。残された母(81)は、長男タカユキさん(当時48)の死の理由を今も考え続けている。ひきこもりからの自立支援をうたう民間施設に入所するため、タカユキさんが家を出たのはちょうど4年前のことだった。

 2人で…

この記事は有料会員記事です。残り763文字有料会員になると続きをお読みいただけます。