(がんとともに)インタビュー:2 AYA世代がつながる場を 患者会つくった看護師、樋口麻衣子さん

有料会員記事

[PR]

 2012年、27歳で甲状腺がんが見つかり、手術を受けるために初めてストレッチャーに乗りました。上から見えた世界はとても怖かった。看護師として何度も手術室に患者さんをお連れしていましたが、「機械的に接していたかも」と反省しました。

 2度の手術と放射線治療の後、「がん患者の環境をよくしたい」と大学院…

この記事は有料会員記事です。残り813文字有料会員になると続きをお読みいただけます。