(多事奏論)緊急事態の首相 ラケット握らずコートに立っても 高橋純子

有料会員記事

[PR]

 スケジュール管理はかたくなに手帳派。新年、革カバーから前年のものを抜いて真っさらを差し込めば、なかなかに厳かな気持ちになる。2年前からは1枚のはがきも帯同するようになった。先日亡くなった作家の半藤一利さんから送られたものだ。当欄に「まことに同感」下さり、「八十九爺いにはげまされても百万の味方を得た…

この記事は有料会員記事です。残り1436文字有料会員になると続きをお読みいただけます。