先生確保に四苦八苦 59歳まで受験/実技廃止/「全国一早い」試験

有料会員記事

[PR]

 学校の先生をどう確保するか、自治体が頭を悩ませている。定年退職する教員が多く、採用者数は増える傾向にあるが、採用試験を受ける人の減少に歯止めがかからない。各地で人材確保のための模索が続いている。▼1面参照

 文部科学省の2020年度採用の調査では、13の自治体で公立小教員の採用倍率が2倍を切った…

この記事は有料会員記事です。残り1694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。