(評・舞台)鵜澤久の会 神秘的な「鷺」、霊鳥のごとく

有料会員記事

[PR]

 再度の緊急事態宣言下に開催された第22回鵜澤久の会(1月17日、宝生能楽堂)。冒頭の「神歌」で、観世銕之丞がその堂々たる声をひときわ高く張って「天下泰平国土安穏」の祈りを捧げる時、そこに居合わせた全ての人が心を一つにしたであろう。一味同心が中世芸能の本質であることを再認識する中、この日の催しは始ま…

この記事は有料会員記事です。残り583文字有料会員になると続きをお読みいただけます。