過去と現代の声、響かせ合って 野村萬斎、「子午線の祀り」再び演出

有料会員記事

[PR]

 木下順二の「子午線の祀(まつ)り」は、野村萬斎にとって特別な作品だ。「平家物語」の源平合戦の世界を宇宙から俯瞰(ふかん)し、あるいは個人の内面から凝視する、壮大なスケールで紡がれた名作戯曲。人生の折々に接してきた本作を萬斎は2017年に初演出し、人間への深い洞察と演劇的な躍動感を兼ね備えた名舞台を…

この記事は有料会員記事です。残り1064文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら