劇団四季の歴史と情熱、詰め込んで 「春」劇場、新作で始動

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍に苦しみながらも、劇団四季が着実に前進を続けている。東京・浜松町で先月10日に開幕した新作「劇団四季 The Bridge~歌の架け橋~」を見て、劇団員・スタッフの舞台にかける志に心を打たれた。

 建て替えられたJR東日本四季劇場【春】のこけら落とし公演だ。1983年の「キャッツ」初演プロ…

この記事は有料会員記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。