普通に生きている素晴らしさ、届いたら 民芸「地熱」、ヒロインの飯野遠

有料会員記事

[PR]

 三好十郎が激しく熱く生きる若者を活写した戯曲「地熱」を、劇団民芸が上演する。ヒロイン香代の飯野遠は劇団員10年で大役に臨む。

 借金を抱え、赤ん坊を預けて炭鉱町の飲み屋で働く役だ。「戯曲には書かれてないけど、生い立ちや境遇から生まれた、愛情を与える人。出し方が不器用で、言葉遣いもきれいとは言えない…

この記事は有料会員記事です。残り439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。