(フォト)北アラスカから越冬に ハマシギ

有料会員記事

[PR]

 日本の湿地に飛来する渡り鳥のシギ・チドリ類で最も多いのがハマシギ。最近は越冬期に3万羽程度が記録されている。

 北半球の高緯度地域で広く繁殖し、種の下の亜種レベルで世界に10亜種ほどいる。日本の北方にも5亜種が分布し、日本で冬を越す亜種はロシアのサハリンやカムチャツカ半島あたりから来ると考えられて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載フォト

この連載の一覧を見る