虐待疑い、警察の通告10万人超 児相に昨年、摘発最多2131件

有料会員記事

[PR]

 虐待の疑いがあるとして、警察が昨年1年間に児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは、前年比8738人(8・9%)増の10万6960人(暫定値)だった。2004年に統計を取り始めて以来、初めて10万人を超え、過去5年間で約2倍になった。警察庁が4日発表した。

 警察は、家族や近所の住民、医療…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら