(声)雪 鶏さらい夜の森へ消えたキツネ

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 雪

 主婦 石原豊美(福岡県 75)

 何日も続いた雪がようやく止(や)み、不気味なほど静かな夜半、けたたましい鶏たちの鳴き声で目が覚めた。「来とるぞ!」。向かいの部屋から祖父の大声。隣の部屋の父も跳び起きたらしく2人が慌ただしく土間へ駆け出す音。私もつられるように布団をはねの…

この記事は有料会員記事です。残り334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら