(声)雪 野ワサビの薄緑、春の陽の喜び

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 雪

 無職 坪沼稔(神奈川県 81)

 北海道の内陸の地、旭川市が故郷です。朝、気温が零下20度以下だと小学校は午後からになる厳寒の地。3月初めになると、近所の小川を見に行くのが楽しみでした。

 春の陽(ひ)に、両岸を綿布団のようにふんわりと覆う雪が少しずつ解け始めます。何日か…

この記事は有料会員記事です。残り319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら