上場企業、純利益3割減 製造業は回復傾向 4~12月期

有料会員記事

[PR]

 東証1部上場企業の2020年4~12月期決算は売上高が前年同期比約1割減、純利益が約3割減となる見通しだ。生産活動を再開した製造業が回復傾向だが、対面ビジネスを中心に非製造業は苦境が続いている。

 3月期決算の1336社(除く金融)のうち、4日までに決算発表した636社(対象の48%)をSMBC…

この記事は有料会員記事です。残り1572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。