(経済ファイル)景気動向指数、2カ月続落

[PR]

 内閣府が5日公表した12月分の景気動向指数(速報)は、景気の現状を示す一致指数が前月比1.2ポイント減の87.8と2カ月連続で下落した。自動車の生産や輸出の回復に一服感が出たことが一因という。基調判断は昨年8月から5カ月連続の「下げ止まり」とした。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る